CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 勉強の仕方 | main | アイテムラボ テクニカルノート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
勉強方針
以下を自分に課す。

・基礎を最初に徹底的に学ぶ
・先達から、勉強方法をしっかり聞く
・学ぶ対象の基本思想を理解する
・アウトプットしてみる
・勉強をわくわく楽しむ

●基礎を最初に徹底的に学ぶ

ところで基礎とはなんだろう。何を学ぶべきなんだろう。電子回路知識はあるべきなのはわかるが、現在の業務に直結しているかというと微妙。基礎の基礎というべき知識じゃなくて、即戦力となるとマイコン技術になるのかな。ざっと手持ちの本を漁ってみたが全体像がぼんやりしている。どう学ぶかの指針を立てないとやっても効率が悪いのよな(だれに弁解しているんだ?)。

手持ちのLSI関連の書籍があるのでこれらを精査してみた。「基礎を最初に徹底的に学ぶ」という意味で現在、これだけはできそう。

・電子回路の基礎 → 米田 聡「図解&シム 電子回路の基礎のキソ 回路シミュレータで初めてでも簡単! [サイエンス・アイ新書]
・論理設計の基礎 → スタイルガイド
・開発手順の基礎 → 菊地 正典「半導体のすべて」の p73 「ICの開発手順」をとりあえず学習する。ただ10年前の本なのでねえ…。さっき amazon で 西久保 靖彦「これで半導体のすべてがわかる!」を注文した。2005/7 なのでまだこっちが新しい。この本はすでに絶版?なのだが西久保靖彦の別の似たような本(西久保 靖彦「図解入門 よくわかる最新半導体の基本と仕組み―半導体/LSIテクノロジー入門」)は 2003/03 で新品がある。
・EDAツールの基礎 → 調査中…。会社で今調べ中。

スタイルガイドは内容が膨大な分やりがいはあるんだけれど、実際設計して verilog コーディングしてみないとありがたみが感じられないのです。逆に設計してたときは大助かりだったですね。会社でもグループ勉強ということでちまちまやってましたけれど、本腰入れてやってみるかな。うん。

とりあえず4つ基礎を書き出してみたけれど暫定なのでまた見直す予定。

●先達から、勉強方法をしっかり聞く

先達に勉強方法を聞いてみた。基本はOJTだったと。あとツールのマニュアルをとにかく熟読したそうだ。仕事が暇だった頃に。徹底的に読み込んでわからないことは調べるの繰り返し。先達の仕事の姿勢を観察すると、必ず問題があった箇所の理由を徹底的に調べてしまうのですね。そういう習慣をたたき込まれたそうです。そんなことやっていたら締め切りを過ぎてしまう、という時でさえね。

現在立場上、それは無理(締め切りを守らせる側なので)。ただし一旦仕事の区切りがついたらやるべきだと思う(やれてないけど)。やれる仕組み作りが大事なのだよな。

●学ぶ対象の基本思想を理解する

《その分野の知識や資格は何のために存在し、世の中にどういう貢献をしているのか、そして、その知識体系を得ることで自分にはどのようなメリットがあるか、ということを理解するのです。》(年収10倍アップ勉強法 p73)

「半導体」は、電化製品を作る上で欠かせない存在であり、生活の利便性向上を支える基盤を形成している。その知識体系を得ることで、私にとって、当然世の中に貢献できるだけでなく、世の中の仕組みの一端を覗くことができる。それは楽しいことです。

そうだよなあ、今までは自分のやってきた仕事と世の中との関係について関心を持ったことなかったなあ。正直、LSI がらみで食べていくなんて就職した時点で考えていなかったものね。

●アウトプットしてみる

学習したことを客観的に評価できないと、やったところで自分の立ち位置がわかんなくなる危険性がある。基礎を学んで他人に説明するのもいいけれど、ノウハウ集ということでまとめる工夫をするのがいいのかも。これはブログで書いていけばいいね。誰かがつっこんでくれるかもしれないし(汗)。

●勉強をわくわく楽しむ

「アウトプットしてみる」とも関連している。アウトプットして評価されて自分が成長していることが理解できれば「楽しい」に決まっている。仕事中でもある閃きとともに意図がわかると、嬉しくなってしまうものね。

漠然としたテーマとしては、上司が時折こちらの実力を計るように質問してくる内容について、おおむね答えられるレベルの技術者になっていたい、今年中に。上司は普通に土日も働いているからなー。ここで引き離されてしまっているのか。うーん。

《真面目にやり出すと、おそらく、成果が出るまで三ヶ月はかからないと思います。これまであまり勉強しなかった人は、三ヶ月でかなり変わってきますし、それなりにやっていた人でも、六ヶ月ぐらい基礎を固めると、成果がまったく変わってくると思います。》(年収10倍アップ勉強法 p212)

だから、

《とにかく、三ヶ月から六ヶ月やり続けられる仕組みをつくってみましょう》(年収10倍アップ勉強法 p212)

私の場合は、ブログでの報告を週一回(日曜日の夜)することにします。これで暫く自分の様子を見ようかと。あまり勉強しなかった人なので(ダメじゃん)三ヶ月で変わったことが実感できるはず。うむ。

これで半導体のすべてがわかる!これで半導体のすべてがわかる!
西久保 靖彦
2005-07
単行本
by anzu_clip

| メモ | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:47 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lsi.jugem.jp/trackback/17
トラックバック